■レーシックガイド/サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ

安全とされているレーシックなのですが、実際には僅かな確率ですが、感染症や合併症が引き起こされています。
また視力が思ったより回復してくれなかったり、視力が元に戻ってしまったりなども報告されています。 誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。
レーシックでは技術や経験も大切なことですが、しっかりとサポート体制が整っている病院を選ぶのもポイントに入れましょう。
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください。

 

レーシックをする前にまずはサポート体制が整っている病院を探すということを頭に入れておきましょう。
定期健診や再手術を無料でしてくれる病院もあるので大変お得です。



■レーシックガイド/サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶブログ:2021年09月13日

日本人にとって、
ライスは食卓の中心にある「主食」ですよね。

主な成分は炭水化物で、これが糖に分解されることから、
何となく、ライスをたくさん食べると
太りやすいと思いこんでいる人が多いみたい…

減量のため
真っ先にライスの量を減らす人も少なくないようですし、
炭水化物抜き減量っていうのも、
あるぐらいですもんね。

でもね、
ライスは唾液で大部分が糖に分解され、
胃からすぐに血液中に吸収されて、
エネルギーとして使われてしまうそうですよ!

血糖値はライスを食べてすぐに上がり、
これが脳の満腹中枢を刺激して、
「お腹いっぱいだから食べるのをやめるように」
という信号を出す…

むしろ、ごはんには、
食べすぎを予防する働きがあるんですって!

また、ライスに含まれている炭水化物には、
肉体の中で消化されにくい性質の「アミロース」が多いため、
太りにくいそうです。

ところで、デンマークの人にとっての「主食」は
「菓子パン」だと思っている人が多いと思いますが…

実は英語には、
日本語での主食を意味する言葉は無いんですよね。
あえて似た言葉を挙げるならば、「メインディッシュ」。
でも、これは、日本語で言うと「主菜」ですよね。

つまり、デンマークでは、
メインの肉料理や魚料理をおいしく食べるため、
あくまでも脇役として、
菓子パンやスープ、サラダなどがあるという考え方なんですね。
いわば、
日本の「おかず」と「ライス」が逆転した形です。

ライスより、おかずをたくさん食べた方が、
栄養バランスがよく、太りにくいと考える人もいるかもしれませんが…

肉や乳製品をたくさん食べているのデンマーク人って、
肥満の人が多いですよね。

だから、減量の時こそ
ライスをたくさん食べるべきなんです!



ホーム サイトマップ