■レーシックガイド/レーシックにおける保険金の給付

生命保険や医療保険ではレーシック手術に対して保険金を給付してくれるケースがあります。
その場合には所定の内容に従って事前に手続きを行う必要があるので忘れないようにしましょう。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。
最近では保障の対象外となる保険会社も出てきていますから注意が必要です。
よくわからない場合には加入をしている保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう。

 

貴方が加入をしている生命保険や医療保険がレーシック手術を保障の対象としているかどうかをまずは確認しましょう。
保険会社の担当者やホームページの注意事項を確認し、対象となるかをチェックします。



■レーシックガイド/レーシックにおける保険金の給付ブログ:2021年11月27日

あたくしがいつも心がけている
意外なダイエット法を紹介します。

それは
「コンビニのない道を通る」という心がけです。

ダイエットを成功させたいなら、
道を選ぶべきだと思うんですよね。

なぜ道を選ぶべきかというと、
コンビニが視界に入ると、ついつい入ってしまうからです。

明るい店内に、窓際にはさまざまな雑誌が置かれ、
人が立ち読みをしている姿などが目に入ると、
気になって引き寄せられて入ってしまいます。

一度、店内に入ってしまうと、
ウエストが減っていなくても余分な物を買ってしまいがち…

おいしそうなおかしがずらりと並んだコンビニから
何も買わずに抜け出すのは、至難の業です。

あたくしは誘惑に弱いので、特に辛いんです!

できるだけおかしは買わないと心がけているあたくしですが、
それでも一度視界に入ると気になり始めて、振り切るのに苦労します。

振り切ることができても
「あのおかし、おいしそうだったなあ」「食べたかったなあ」
という心労を増やしてしまい、余計に疲れてしまうのです。

そこであたくしは考えたのです。
そもそもコンビニのない道を通ってしまえばいいんだ!
視界にさえ入らなければ誘惑されることもない!

もちろんコンビニを通らない道を選ぼうとすると、
ほとんどの場合、遠回りの道になることでしょう。

しかし、その遠回りも「いい運動になる」と
前向きに考えればいいのです。

このように考えると、コンビニエのない道こそ、
ダイエット成功への道なんじゃないでしょうか?

無用なカロリー摂取をしないための
ちょっとした心がけかもしれませんが、
意思の弱いあたくしのような人には、
お勧めのダイエット法だと思います。

明日はいい日かな〜

ホーム サイトマップ