■レーシックガイド/レーシックにおける保険金の給付

生命保険や医療保険ではレーシック手術に対して保険金を給付してくれるケースがあります。
その場合には所定の内容に従って事前に手続きを行う必要があるので忘れないようにしましょう。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。
最近では保障の対象外となる保険会社も出てきていますから注意が必要です。
よくわからない場合には加入をしている保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう。

 

貴方が加入をしている生命保険や医療保険がレーシック手術を保障の対象としているかどうかをまずは確認しましょう。
保険会社の担当者やホームページの注意事項を確認し、対象となるかをチェックします。



■レーシックガイド/レーシックにおける保険金の給付ブログ:2021年05月07日

肺活量を増やして、心肺機能が高まると、心臓や肺が活発に働き、
そこから血液や酸素をもらった身体の各部が活性化され、
結果として基礎代謝量がアップするといわれています。

肺活量を増やすことはシェイプアップにはもちろん、
健康面でもとてもいい効果がるみたいですよ。

シェイプアップといえば
筋肉や脂肪にばかり目が行きがち…

でも肺活量や心肺機能に目を向けて、
さらにシェイプアップの成功率を
アップさせることができたらいいですよね。

当然ではありますが、
肺活量を増やすにはトレーニングが効果的です。

特に、ウォーキングなどの有酸素トレーニングがいいとされています。
毎日一定時間歩くだけでも、心肺機能はアップします。

また、姿勢を正すことも大切!
正しい姿勢を保つだけで、肺活量を上げて、
基礎代謝量を増やすという効果が期待できるんです。

姿勢を正すと、ずれていた内臓が正しい位置に戻って、
正常に働くようになるので、さらに基礎代謝量がアップする効果があります。

ところで、肺活量と聞けば
トレーニングや姿勢よりも先に思い浮かぶのは、深呼吸なのではないでしょうか。

意識せずに生活していると、
24時間に1回も深呼吸しないなんて人がいるかと思いますが、
24時間に数回意識して深呼吸をしてみましょう。

どんな深呼吸でも肺活量を増やす効果がありますから、
みなさんの知っている深呼吸で大丈夫です。

基礎代謝量をアップさせるにはさまざまな方法があるわけですが、
これらをいきなり全てやろうとすると無理がありますよね。

ポイントはトレーニングと姿勢です。
正しい姿勢で過ごして、継続的にトレーニングを行うことで、
基礎代謝量はアップするでしょう。

基礎代謝量の高い身体は、太りにくくやせやすい身体ということです。

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜

ホーム サイトマップ