■レーシックガイド/そもそもレーシックってどんな治療なのか

レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。
現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。

 

手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。

傘立て、今すぐ
傘立てについてのサイト
http://www.gomibako-ism.com/fs/gomibako/c/umbrellastand/



■レーシックガイド/そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:2021年05月06日

子どもは睡眠中に成長する。
日中に食べたご飯をエネルギーに変えて、
それを全身に送って身体を成長させていく。

そのため7時起きた時点で
膀胱には汚い水分が溜め込まれ、
大腸には身体全身から送られた老廃物と毒素が溜まり、
排尿や排便の時間を待っている。

7時は排泄の時間であって、ご飯の時間ではないので
排尿や排便を最優先させなければならない。

なので
子どもが7時起きたら、
小便をさせ、大便をさせよう!

身体内の老廃物や毒素を全て出し切ればこそ、
ご飯を取ることができるようになるのである。

もしも排泄が終わっていないのに、
7時食をとってしまえば、
消化吸収は排泄を阻害するので、
子どもは途端に排泄ができなくなってしまう。

7時起きたらコップ1杯水を飲んで、
排便を促すようにしよう。
子どもの場合、これだけで排便しやすくなる。

また
排便は重力の力を使って押し出されるので、
7時起きたら、寝っ転がったり、座ったりさせないで、
身体を立たしておくことも大切。

辺りをウロチョロ動き回っていると、
重力が自然にかかってきて、ウンチが押し出されてくる。

気をつけるべきことは、
7時から子供にテレビを見させてしまい、
子どもを座らせてしまうこと。

これをやると
ウンチがなかなか出なくなってしまうのだ。

また 
子どもが小便や大便をしたら、
とにかく褒めてあげよう!

排便・排尿をすれば
母親が喜んでくれるということが脳にインプットされると、
子どもは自然に排便・排尿をして、
母親を喜ばそうとする。

母親が排便・排尿に無関心でいたら
子どもはあえてしなくなってしまう。

排便・排尿をしたら、
大袈裟なくらい褒めてあげるようにすれば、
毎日の排便や排尿がスムーズにいくようになる。


ホーム サイトマップ